平成29年度福島県言語聴覚士会研究発表会・専門研修分科会

平成30年3月18日(日)、総合南東北病院NABEホールにて当会主催の「平成29年度福島県言語聴覚士会研究発表会」「専門研修分科会」が開催され、県内各地から会員・学生と多くの方にご参加を頂きました。

午前は「平成29年度研究発表会」。今年は一般演題6題の発表がありました。

岡崎 信世 かしま病院                      渡邉 正太 かしま病院

食べる環境設定のアプローチを行った結果、        誤嚥性肺炎後のリハビリテーションについて

自力摂取可能となった 1 症例                ~家族指導や自主訓練を中心に~

大野 真稔 あづま脳神経外科                   黒澤 大樹 太田西ノ内病院

言語聴覚士の専門性を活かした経口摂取支援の検証    吃頻度は低いものの不安・恐れが強い成人吃音の 1 例

                                    −年表方式のメンタルリハーサル法の訓練経過−

齋藤 貴美子 芦ノ牧温泉病院                     上遠野 正幸 星総合病院

脳幹出血による locked-in syndrome 症例への     県士会 災害リハ委員いわき視察報告

長期的コミュニケーション支援


午後は初の試みとして「専門研修分科会」を開催しました。

 

小児領域:

文科省「特別支援学校のセンター的機能充実事業」に関する報告と今後の方針

と講義(評価について)と症例検討会

摂食嚥下領域:

認知症患者の摂食嚥下障害について

多彩な症状の捉え方と対応方法について、講義と併せて臨床においてどのように対応しているのか、対応困難事例をテーマとしたグループディスカッション。

 

失語高次脳機能領域:

臨床アプローチに活かすための研究的視点についての講義

失語症・高次脳機能障害の臨床(今回は評価について)の留意点・疑問点をテーマにグループディスカッション

ご発表された皆さま、参加された皆さま、一日お疲れ様でした。

2018年9月2日の福島県リハビリテーション専門職学術集会2018が、次年度の研究発表会の場となります。

演題発表も含め多くの会員の皆様のご参加をお願い致します。