1/28 第12回福島高次脳機能障害リハビリテーション講習会

第12回福島高次脳機能障害リハビリテーション講習会

【日時】平成30年1月28日(日)午後1時00分〜

【場所】 総合南東北病院 大講堂

     郡山市八山田7丁目115番地 電話024-934—5322

【内容】

「高次脳機能障害の支援~社会参加を支えるために~」

講師:国立障害者リハビリテーションセンター

    自立支援局 第一自立訓練部 生活訓練課 課長

     四ノ宮 美惠子 氏

「解らなくても、理解しようとする心を大切に」

講師:ハイリハ・ジュニア 副代表

     畠山 恵子  氏

詳細は、こちらをクリックしてご確認下さい

[研修報告]第8回福島県訪問リハビリテーション研修会報告

「第8回福島県訪問リハビリテーション研修会」報告

平成291216()17日(日)に第8回福島県訪問リハビリテーション研究会が開催されました。言語聴覚士会からは両日併せて12名の会員が参加いたしました。

2日目のシンポジウムでは、茨城県言語聴覚士会の吉田眞由美先生をはじめ、3人のシンポジストをお招きし、急性期や回復期からの退院支援についてお話いただきました。また、このシンポジウムでは当会の志和副会長が司会を務めました。

この研修会は、福島県理学療法士会、福島県作業療法士会、福島県言語聴覚士会が共同で運営している「福島県訪問リハビリテション研究会」主催の研修会です。次年度も研修会を開催予定ですので、是非ご参加ください。

11/19第1回福島吃音懇話会

福島吃音懇話会」へのお誘い 
「福島吃音懇話会とは」  このたび、福島県内で吃音に関心のある方々のつながりを作るために発足しました。吃音のある方、ご家族、言語聴覚士、ことばの教室の先生、学校の先生、関心のある方はどなたでもご参 加ください。

第 1 回は支援者向けの講演がメインとなっておりますが、今後は参加者の要望に合 わせた活動を行なう予定です。日々のお困りのことについて、共有できる場所を目指します。
・当日のプログラム
第1部:吃音の基礎知識と指導・支援  吃音の指導・支援では、「スムーズに話せるようにすること」以外にも、考えるべき評価の視点や、様々な指導方法があります。吃音の基礎知識と合わせて、評価の視点、指導方法をご紹介いたします。
第 2 部 :ことばの教室の吃音指導の実際  発話症状も悩みもお子さんによって多様になってくるのが小学生の時期です。今回、そんな小学 生を対象とすることばの教室の吃音指導の実際や、通級制度についてご紹介いたします。
第 3 部 :体験発表  吃音の理解のために欠かせないのは当事者の言葉です。吃音のある成人の方、そして吃音の あるお子さんの保護者の方から体験談や気持ちを語っていただきます。
プログラム終了後、その場で交流会、情報交換会を行います。ぜひご参加ください。
連絡先
福島県立医科大学
衛生学・予防医学講座
森 弥生
mail : y-mori@fmu.ac.jp

福島吃音懇話会 チラシの印刷は下記PDFファイルをクリックして下さい。

・チラシ表

・チラシ裏

福島吃音懇話会案内

 

12/16・17第8回福島県訪問リハビリテーション研修会

第8回福島県訪問リハビリテーション研修会のご案内です

                    記

1 開 催 日:  平成 29 年 12 月 16 日(土)~17 日(日)

*どちらか 1 日の参加も可能です

2 内  容:  下記プログラム参照

3 会  場:  両日とも、総合南東北病院 大講堂(4階)

      住所:郡山市八山田7丁目 161

4 募集人数:  80名

5 参加対象:  言語聴覚士、作業療法士、理学療法士の訪問リハビリテーション従事者およ び 訪問リハビリテーションに興味のある方(各協会会員の方)

6 参 加 費:  1,000 円(福島県外の方は 3,000 円)

*どちらか 1 日参加の方も同額です

7 申込方法:  E-mail でお願いします。

(宛先:fukushima.houmonreha@gmail.com )

   件名は、必ず「第 8 回福島県訪問リハビリテーション研修会申し込み」とし、本 文に下記の①~⑩の事項をご記入の上、お申込ください。

①氏名(ふりがな)② 所属施設名(事業所名)③所在地④連絡先(電話番号・FAX 番号・メールアド レス)⑤職種⑥PT・OT・ST 協会の会員番号⑦生年月日⑧現職種の経験年数⑨ 訪問リハ業務の経験年数(経験ある場合)

8 申込締切:  平成 29 年 12 月 3 日(日)

9 そ の 他: ・全プログラムを受講された方に修了書を発行します。管理者研修を受講する際に 本修了書が必要となります。

・二日間を通しての受講を基本としますが、事情により一日のみを希望する方はメ ールにてお知らせください。

・PT・OT・ST 協会の履修ポイント取得等に関しては後日ご連絡します。 以上

詳細は、こちらをクリックしてご確認ください。

プログラムは、こちらをクリックしてご確認ください。