5/19 令和元年度総会ならびに研修会開催のお知らせ

下記のとおり、令和元年度総会を開催致します。また、例年通り、総会に引き続き、施設代表者会議、研修会、支部役員会を開催致します。総会では、会の活動に重要な議案がございます。また総会後に、総会時講演「がんのリハビリテーション」および地域包括ケア委員会からの情報提供を予定しております。万障お繰り合わせのうえ、ご出席くださいますようお願いいたします。

なおお近くに、当会未入会の言語聴覚士、とりわけ新入職員がいらっしゃいましたら、入会ならびに総会・研修会への参加をお誘いください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日時:令和1年5月19日(日) 午前9時40分~ (受付9時00分)

会場:総合南東北病院北棟NABEホール

〒963-8563 郡山市八山田七丁目115 TEL024-934-5718

内容:

1.総会 9時40分 ~ 10時20分

2.総会時講演 10時30分 ~ 11時30分

「がんのリハビリテーション」 講師:渡部いづみ先生(太田西ノ内l病院)

3.情報提供  11時40分 ~ 12時20分

①地域包括ケア委員会より(30分) ②その他

4.施設代表者会議 13時00分 ~ 14時30分 (別途ご案内いたします)

※同時進行にて各種委員会会議を行います。

5.支部役員会 15時00分 ~ 15時30分 (別途ご案内いたします)

※今回の行事では、日本言語聴覚士協会の生涯学習ポイントは発生しません。

お願い

①新規入会の方、所属先、お名前等の変更のある方は、入会届け、または変更届に記入しご提出下さい。当日は、スムーズな受付へのご協力をお願い致します。変更内容に関してメール本文のみでのご連絡はご遠慮ください。

②総会に参加できない方は、下記事務局にメールまたはFAXで委任状をお送り下さい。

(委任状書式は送付いたしましたものをお使い下さい)。

一般社団法人福島県言語聴覚士会事務局

〒960-1101 福島県福島市大森字柳下16-1

社会医療法人 秀公会 あづま脳神経外科病院

リハビリテーション部 言語聴覚療法科 志和智美

TEL:024-546-3911 FAX:024-546-9555

fukushima-st@fukushima-st.org

5/19 総会 委任状について

令和元年度福島県言語聴覚士会総会の委任状について

当日は受付の混雑が予想されますので、混乱を最小限にするためにも委任状の事前提出にご協力をお願いいたします。

下記データをダウンロードして頂き、事務局までメールまたはFAXにて委任状をお送り下さい。

 令和元年総会委任状はこちら

一般社団法人福島県言語聴覚士会事務局

〒960-1101 福島県福島市大森字柳下16-1

社会医療法人 秀公会 あづま脳神経外科病院

リハビリテーション部 言語聴覚療法科 志和智美

TEL:024-546-3911 FAX:024-546-9555

fukushima-st@fukushima-st.org

また当日は、午後に他会場にて研修会なども開催が予定されておりますが、総会ならびに総会時講演会の終了後でも移動など可能と思われます。会員各位におかれましては奮って総会へのご出席をお願い致します。

6/1 第5回福島吃音懇話会

関係各位

お世話になっております。3月10日(日)の第4回吃音懇話会にご参加いただいた皆
様、大変ありがとうございました。午前中の支援者向けの講演、グループワークで
は、わかりやすかった、立場の異なる参加者の意見が聞けて勉強になった、もっと専
門的に踏み込んだ内容を知りたい、などの意見をいただきました。今後の活動に活か
していきたいと思います。午後の当事者交流会では、たくさん話ができて充実した時
間が過ごせた、悩みを共有できてよかった、また参加したい、との感想をいただきま
した。
さてこのたび、下記の通り第5回福島吃音懇話会を企画しました。今回は当事者交流
会とし、主に吃音のある中学生以上の当事者の方、保護者の方を対象としますが、吃
音に理解のある支援者の方もどうぞご参加下さい。参加希望の方は氏名、参加属性
(当事者(年齢)・保護者・支援者)を明記のうえ、5月30日(木)までに、メール
y-mori@fmu.ac.jp)でお申し込み下さい。第5回福島吃音懇話会(当事者交流会)
としてホームページに掲載しましたのでご覧ください。多くの皆様のご参加をお待ち
しております。

第5回福島吃音懇話会(当事者交流会)

日時:令和元年 6月1日(土)13:30〜16:30

場所:郡山ビッグアイ7階 市民交流プラザ 和室

福島県立医科大学 森  弥生
太田西ノ内病院 黒澤大樹
福島市立福島第四小学校 生江英一

「認知リハあらたLite」配布について

この度「認知リハビリテーションアプリ開発チーム(川崎医療福祉大学:研究代表者 種村純)は,高次脳機能障害者の在宅リハビリテーション向けアプリを開発し,実証実験を重ねて参りました.
既に,実証実験結果は,高次脳機能障害学会,日本言語聴覚学会等で報告させて頂き,一人でも多くの方にご利用頂くため,試験的に無料版「認知リハあらたLite」を配布することとなりました.
この機会に是非,一人でも多くの方の社会復帰,在宅リハビリテーションの充実に向け,ダウンロードの上,入院患者様,施設ご利用者様でご利用頂けますと幸いでございます.

検索方法
インターネット検索で「インサイト 認知リハ ダウンロード」とご入力下さい.

 認知リハあらた ご案内がこちらから