【活動報告】福島県地域医療復興事業、福島県言語聴覚士会県民講演会

令和2年12月6日日曜日10:00~12:00に福島県地域医療復興事業、福島県言語聴覚士会県民講演会を開催しました。今回は、東北大学大学院の川崎聡大先生を講師に「発達障害とその支援」をテーマにご講演いただきました。

当会としては3回目のオンラインによる講演会となりましたが、当日は県内外から参加者164名と、北は青森(弘前)、南は熊本まで遠方の方にもご参加いただきました。また、県民講演会であったこともあり、当事者の方やご家族、放課後等デイサービスの職員など多くの方に聞いていただけたかと思います。

講義ではASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠如多動性障害)、SLD(限局性学習症)について事例も交え、濃密な内容をわかりやすくお話をしていただきました。日々の関わりの中で留意する点についても多く教えて頂き、子どもや他者との関わり方の振り返りや気づきにつながったかと思います。

今回の講演では成人領域に関わる方にも多くご参加頂きました。先生の最後のスライドの3つの意識改革“「支援」「常識・当たり前」「平等」の概念を変える”という言葉は、コミュニケーションに関わる専門家である私たち言語聴覚士それぞれの胸に残ったかと思います。

資料配布については、今回初めてチャットからダウンロードをするかたちになりました。その点についても多くのご意見を頂いております。次回の講演会に皆さまのご意見を活かしていきます。

また例年、県民講演会は県民相談会や言語聴覚士について紹介するパネルの展示を行い、多くの方に言語聴覚士を知って頂く機会となっております。今回は講演会の前に、当会の志和副会長よりスライドを用いて言語聴覚士についてお話をして頂きました。今後も様々な場で、方法で多くの方に言語聴覚士について知って頂けるよう取り組みをすすめてまいります。

最後にご講演をされた川崎先生をはじめ当日の講演会を準備された先生方、当日ご参加頂きました皆様に心より感謝を申し上げます。

                         広報部  櫻井 亘

活動報告 令和2年度スキルアップセミナー「介護保険」

2020年10月28日(水)に令和2年度スキルアップセミナーを開催しました。

平日の18時に、オンラインでの開催という初の試みでしたが、参加者は90名を超え、県士会員はもとより、北海道から九州まで全国各地から参加いただきました。

 セミナーでは「介護保険」について、当会理事の櫻井亘先生にお話しいただきました。前半は介護保険制度について、後半は老健での生活期のリハビリについて、ご自身の実践や思いを含めながらのお話でした。趣味や性格など様々な角度から利用者さんをとらえて、それぞれに合った意欲の引き出し方、できることの増やし方を考え実践していくなど、老健だけでなく、すべてのSTにも大切にしたいと感じられる内容でした。

 質疑応答の時間は、Zoomのチャット機能で質問を募りました。「一日のスケジュール(通所の方と入所の方の組み方)はどのようにされているか」「回復期リハからの報告書で必要な情報は?」など、業務に即した内容の質問が多く寄せられました。

 参加者の所属施設は老健、病院、小児施設など様々でしたが、「介護保険でのSTのあり方を学ぶことができた」「より生活に根差したリハビリを提供していきたい」など、明日からの業務に活かせる内容に好評をいただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

(学術部:上原麻美子)

活動報告 小児分科会主催「脳からわかる発達障害」

令和2年9月5日(土)14:00~15:30、小児分科会主催で神戸大学大学院の鳥居深雪先生による「脳からわかる発達障害」のご講演をいただきました。今回、当会初のオンライン開催となりました。不慣れな中での準備ではありましたが、鳥居先生からも「わかりやすいZoomの使用方法」の資料を頂戴し、初心者向けのオンライン受講練習の機会も設け、県外の参加者を含め76名の方にご参加いただきました。

当日は、鳥居先生より脳機能から理解するADHD(注意欠如・多動症)やASD(自閉スペクトラム症)、2次的な問題の予防、薬物療法など貴重なお話を伺うことができました。加えてライフステージに即した課題のお話も伺うことができ長いスパンで支援していく必要性も学ぶこともできました。開催後のアンケートで「大変、わかりやすい内容だった」「満足した」というコメントが多く聞かれました。

 なかなか収束が見えないコロナ禍の中、当会として総会をはじめとした県士会行事を中止せざるを得ない状況にありました。今回、初の試みで開催されたオンライン研修でしたが

オンラインだったからこそ、なかなか来県は叶わない鳥居先生にご講演をいただけたことは大変貴重な機会となりました。

鳥居先生の「福島の子どもたちのために」という想いでご快諾いただいた機会でしたが、この想いが次につながることを切に願い、会として提供できる情報の発信をしていけたらと思っております。

(小児領域:山田奈保子)

活動報告 地域包括ケア導入研修

令和2年8月2日、国際医療看護福祉大学校において、導入研修が開催されました。今回の導入研修は、新型コロナウイルス感染症の影響で、例年通りの開催が難しく『会場参加型研修会における感染予防ガイドライン(日本言語聴覚士協会)』に準じて実施しました。

 当日は8名の参加があり、地域包括ケアシステムや自立支援型地域ケア会議における言語聴覚士の役割を共有することができました。

 参加者からは、グループワークを通して実践的な知識やテクニックを学ぶことができたという声が聞かれました。

 現在、県内では54名の助言者が活躍しています。来年度は62名になる予定ですが、自立支援型地域ケア会議の開催市町村数が増加した圏域では、圏域をまたいだフォローが必要となってきています。

県士会としては、自立支援型地域ケア会議や通いの場への関与などを含めた活動に対して、バックアップ体制づくりを進めています。今後の活動について質問等ありましたら、各圏域の地域包括ケア委員にご相談下さい。最後に、快く会場や設備をお貸しいただきました国際医療看護福祉大学校様に深く感謝申し上げます。

(地域包括ケア委員長:板東竜矢)

 

今年度の失語症者向け意思疎通支援者養成事業について

県では、昨年度より「失語症者向け意思疎通支援者養成事業」を実施しております。今年度も養成講習会等の開催を予定しておりましたが、今般の新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、誠に勝手ながら中止させていただくこととなりました。
参加を検討されていた皆様には、御迷惑をおかけすることとなりますが、何卒御理解をお願い申し上げます。

詳細はこちらからご確認下さい