「認知リハあらたLite」配布について

この度「認知リハビリテーションアプリ開発チーム(川崎医療福祉大学:研究代表者 種村純)は,高次脳機能障害者の在宅リハビリテーション向けアプリを開発し,実証実験を重ねて参りました.
既に,実証実験結果は,高次脳機能障害学会,日本言語聴覚学会等で報告させて頂き,一人でも多くの方にご利用頂くため,試験的に無料版「認知リハあらたLite」を配布することとなりました.
この機会に是非,一人でも多くの方の社会復帰,在宅リハビリテーションの充実に向け,ダウンロードの上,入院患者様,施設ご利用者様でご利用頂けますと幸いでございます.

検索方法
インターネット検索で「インサイト 認知リハ ダウンロード」とご入力下さい.

 認知リハあらた ご案内がこちらから

[活動報告]平成30年度スキルアップセミナー・専門研修分科会

平成31年3月17日(日)に総合南東北病院NABEホールにて『平成30年度スキルアップセミナー運動障害性構音障害』が開催されました。

今年は、当会の顧問でもあります東北文化学園大学の長谷川賢一先生から、「運動障害性構音障害(dysarthria)」について講演を頂きました。

講演では、形式的なリハへの警鐘、検査のための検査や訓練のための訓練に陥っていないかなど、参加された会員それぞれの日頃の臨床における振り返りの場となったようでした。

結びで長谷川先生が述べられていたとおり、言語聴覚士としてのスキルアップには症例経験を通して何を、どれだけ多く学ぶかが重要です。会員各位の臨床がより質の高いものへと結びつけるためにも、このスキルアップセミナーで学んだことを活かして頂ければ幸いです。

 

同日の午後には、昨年に引き続き専門研修分科会を開催しました

今年も小児領域、摂食嚥下領域、失語高次脳機能領域3領域の分科会に多数の会員が参加し、講義や症例検討が行われました。

アンケートでも、「グループワークが良かった」、「さらに勉強をしていきたい」など、多くの意見を頂きました。来年度も皆さまから頂いたご意見を活かせるよう、研修会を開催していきます。

午前のスキルアップセミナー、午後の分科会と当日参加された会員各位にとって非常に充実した一日となったのではないでしょうか―知識を整理し振り返る場、新しい知見に触れる場、職場を超えて意見を交換する場―県士会のイベントは言語聴覚士としての質の向上、自身を磨き上げる貴重な場になります。県士会では次年度も様々な会を開催してまいります。多くの会員に参加頂けるように企画してまいりますので、奮ってご参加下さい。

最後に当日参加された皆様、講師を担当して頂きました先生方、そして会の準備をして頂きました諸先生方へ改めて感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

広報部 櫻井 亘

3/17 平成30年度支部報告会 / 地域包括ケア委員会情報交換会

平成30年度支部報告会

日時:平成31年3月17日(日) 12:00~13:00

会場:総合南東北病院北棟(NANEホール)6階 第5会議室

    〒963-8563 郡山市八山田七丁目115    TEL 029-934-5718

内容:支部活動報告 (お弁当を準備いたします。)

参加対象者:支部長・会計担当者(各支部2名)

なお、参加申し込み、報告書の様式につきましては、後日メールにてご連絡致します

平成30年度支部報告会開催のお知らせ


地域包括ケア委員会情報交換会

日時:平成31年3月17日(日) 15:15~16:00

会場:総合南東北病院北棟 会議室 (予定)

対象:自立支援型地域ケア会議  助言者

(※現在助言者ではないが来年度以降出席予定の方も参加可能ですのでぜひお申込みください)

内容:自立支援型地域ケア会議に関する情報共有

連絡:板東 竜矢 (メールアドレスstbt2017@gmail.com) 宛に以下の内容を記載してお申込みください。

  1. 題名『地域包括ケア委員会情報交換会』

  2. 情報交換会参加の有無

  3. 所属

  4. 氏名

  5. 自立支援型地域ケア会議に出席している(または出席予定)市町村名

  6. アンケート

  ・助言者の方と共有しておきたいこと

・ケア会議に出席するにあたって困っていることや質問・意見

(実際の質問・助言に関することや体制や手続きに関することも含めて)

アンケート収集のため、助言者となっている方は不参加の場合も、ご連絡いただきますようお願いいたします。締切は2月末日までです。

   地域包括ケア委員会 情報交換会のご案内

3/9,10 JMAP講習会

※今回の講習会は、福島被災地支援活動のため、 福島県に在住の方のみの募集となります

JMAP講習会(福島会場)受講者募集要項~SI 学会被災地支援活動~

場 所:こおりやま東都学園 郡山健康科学専門学校

〒963-8834 福島県郡山市図景 2-9-3

日 程:2019 年 3 月 9 日(土)・ 10 日(日)の 2 日間     両日とも 9:30 から 16:30 まで
募集人員:30 名 程度
締め切り:2019 年 2 月 22 日(金)但し、定員になり次第締め切らせていただきます。
講 師:土田玲子 (日本感覚統合学会講師、なごみの杜代表理事)

内 容:1.JMAPの特徴と対象の理解

   2.JMAPの実施方法(実習を含む)

   3.JMAPの解釈

受 講 料:4,500 円(会員) 5,500 円(非会員) 2,500 円(学生)

(検査マニュアルをお持ちでない方は、 開催日に別途2,800円で手引き書をご購入いただけます)
そ の 他:検査用具を準備できる方は当日会場までお持ちください。

申込方法:

1.「受講申込書」に必要事項をご記入の上、申込先まで郵送またはFAXで 送信してください。

2.受講決定通知書を受講日1か月前までにメールにてお送りします。 会場、受講料の支払い方法、詳細な日程などは、 受講決定通知と共にご連絡いたします。

申込・問合せ先 〒852-8520 長崎県長崎市坂本 1-7-1 長崎大学医学部保健学科作業療法学専攻(JMAP 講習会事務局) 徳永瑛子 akiko0923@nagasaki-u.ac.jp FAX:095-819-7996

 JMAP講習会案内・申込書はこちら